Sample Site

ベレスタの制作技術

伝統的なベレスタ制作の技法は、職人によって引き継がれるとともに、マスタークラスなどの体験学習の場を通じて子供たちや若い人たちにも伝えられています。

たぐいまれな自然素材と、熟練職人のコラボレーションから、「初めて見た!」「こんなのが存在するとは思わなかった!」と人々に驚きと喜び、感動を与える作品が作られています。

型押し

シート状の白樺樹皮に模様や絵柄を刻み付けるために、木製や金属製、骨製の「たがめ(凸凹をつける工具)」や「スタンプ」が使われます。

初期の模様は単純な円、縞模様、ひし形などでしたが、その後、花、鳥、家、動物などが描かれるようになりました。複数のスタンプを使って非常に複雑な模様を描くこともあります。

縁かがり

マイナス50℃にもなるシベリア地方では、接着剤は劣化してはがれてしまうため、連結部分を樹皮ひもで編みこむ技法が使われてきました。

職人自作のパンチで、樹皮ひもを通す穴をあけ、丁寧に、しかし力強く、樹皮ひもを巻いていきます。

連結だけでなく、装飾として樹皮ひもの編み込みがほどこされる場合もあります。

こうして編まれた樹皮ひもは、時間がたつほど固く引き締まり、作品の存在感と耐久性を高めます。

編みカゴ

白樺樹皮をカットして作ったひも状の樹皮を使い、縦糸と横糸を編みこんで作る方法は、古代からベレスタの製法として使われています。北欧など白樺が身近な国々でも白樺の編みかごが作られていますが、ロシアの編みかごが北欧で使われることも多いようです。

ロシアでは古代から、防水、保温保冷、天然防腐効果のあるベレスタの靴(長靴、スリッパ)、きのこやベリーを集めるショルダーバッグやバスケット、食器カゴ、子供のおもちゃなど様々な生活用品が作られ使われてきました。 素朴な手編みカゴは和風の生活にもとてもよく合います。

垂直織と斜め織

手編み作品には、樹皮ひもを斜めに交差させる「斜め編み」と、垂直に交差させる「垂直編み」があります。

「垂直編み」は、マット、ブックカバー、箱など、平面(角形)の作品を作る場合に適しています。

「斜め編み」はカゴ、花瓶、小物入れ、ベルトなどで、「斜め織」の方が制作しやすく、かつ耐久性があります。

筒の制作

筒の制作はベレスタ手工芸の中で最も複雑なものの一つです。筒側面に白樺樹皮が使われ、底とふたはマツやシベリア杉の木質が使われます。

折り返しタイプの筒は、長めの内筒と外筒を重ね、上下に突き出た内筒の端を蒸気で蒸してやわらくし、めくって、外筒の上にかぶせ、柳の細枝でしっかり結んで固定します。

縁かがりには、木の根、白樺樹皮、柳の枝、なわ、ワイヤーなどが使われます。ふたの開閉に弾力を与えるため、上部に縁かがりがされたり、飾りとして底部にも縁かがりがされたりします。

透かし彫り

白樺樹皮を透かし彫りする。デザインが描かれた透写紙(トレーシングペーパー)や模様の型紙に沿って、彫刻刀やカッターナイフで、樹皮を細かく切り刻んでいく技法。

失敗の許されない大変根気のいる作業です。

絵画、ラッカー

ベレスタの筒や小物入れには、よく絵が描かれます。筒全体に色を塗って、そのうえに更に絵を描く場合もあります。絵を描く前に糊や、下塗チョークとにかわを混ぜた塗料で下塗することもあります。テンペラ画絵具、油絵具を使って描く場合もあります。絵を描いた後をラッカーで上塗りする場合もあります。完成品の白樺工芸品にアマニ油またはひまわり油を塗ることもあり、これにより製品に輝きがでます。

卸販売のご案内

* ベレスタ、ロシア雑貨を販売店様向けに卸販売いたします。

* 「ナチュラル、自然・天然素材、手作り、職人作品、輸入雑貨」などをお取り扱いのショップ様におすすめです。

* お取引ご希望のショップ様は、下記サイトに会員登録(無料)して、最新の商品、在庫、価格をご確認ください。